世界一幸せな情熱のトレーダーによる「投資で人生が変わる方法」

日本一役に立たない投資実践ブログ。

ようこそ「暮らしのレシピ屋 Ns Farm 投資部」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/11/17 暮らし

目次。

第一回、うねり取りはじめました。 第二回、初心者がうねり取りをするときの注意点。 第三回、トレーダーは、なぜ損切りできないのか。 第四回、株をいつ買えばよいのか考える必要がなくなった !? 第五回、FX にもうねり取りは通用するのか。 第六回、空売りで稼ぎたかったら買いから入る !? 第七回、ザラ場は見ない方が良い理由。 第八回、建玉の操作の練習が必要な理由。 第九回、分割売買の重要性。 第十回、相場師朗先生の名言集。 第十一回〜 全ての目次へ。

どうもこんにちは、「熱血 ! Nsfarm 情熱投資部」、部長のリッキーです。

今回の日記テーマは、

「だましのローソク足」

のお話しです。「チャート、ローソク足の状態をよく研究することで株価の習性がよくわかる」と相場先生は言います。

うねり取りって何 ? という方は、⇒相場師朗 7step株式投資メソッドからサンプル動画を。

今人気急上昇中のプロトレーダー、相場師朗さんがわかりやすく教えてくれる江戸時代から伝わるトレード手法です。

さてさて、今日はだましのローソク足について考えてみました。

ローソク足の中には、

なぜ !!!

と思わせる一見意味不明なローソク足が現れることがあります。

「フェイク、ノイズ、だまし」と私は呼んでいます。

例えば、窓を開けて現れた陰線。「おっ下がりそう」と思ったら、翌日すぐに戻って上昇みたいな、、、

そんな気まぐれ感満載のローソク足君が登場する株価の習性とは本当に面白いものです。

だましに会うと頭に血が上り、「くそ~」という気持ちに一瞬ですがまだなってしまいます。

ただ、過去のチャートで建玉の操作の練習を繰り返すにつれある意味"慣れ"てくるところはあります。結果、少しは冷静に対処できるようになってきました。

だましに会ったら必要経費だと思って冷静にお手当する

株式市場で長く生き残って行くためには必要だと肝に銘じておきたいと思います。

負けないトレーダーを目指して日々精進なり〜


★★★★★究極の株職人、相場師朗。一流の現役プロトレーダーが魅せる本物の"建玉の操作"。
株式投資の最強手法「うねり取り」で 2017 年からの下げを取る !

⇒ 相場師朗 7step株式投資メソッド(詳しくはこちらから)

「神ってる」株職人になる方法
バイブル ↓

⇒ 株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録