世界一幸せな情熱のトレーダーによる「投資で人生が変わる方法」

日本一役に立たない投資実践ブログ。

ようこそ「暮らしのレシピ屋 Ns Farm 投資部」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/11/3 暮らし

目次。

第一回、うねり取りはじめました。 第二回、初心者がうねり取りをするときの注意点。 第三回、トレーダーは、なぜ損切りできないのか。 第四回、株をいつ買えばよいのか考える必要がなくなった !? 第五回、FX にもうねり取りは通用するのか。 第六回、空売りで稼ぎたかったら買いから入る !? 第七回、ザラ場は見ない方が良い理由。 第八回、建玉の操作の練習が必要な理由。 第九回、分割売買の重要性。 第十回、相場師朗先生の名言集。 第十一回〜 全ての目次へ。

どうもこんにちは、「熱血 ! Nsfarm 情熱投資部」、部長のリッキーです。

今回の日記テーマは、

「損切り」

のお話しです。うねり取りを勉強してから「損切り」に対する考え方がガラリと変わりました。

うねり取りって何 ? という方は、⇒相場師朗 7step株式投資メソッドからサンプル動画を。

今人気急上昇中のプロトレーダー、相場師朗さんがわかりやすく教えてくれる江戸時代から伝わるトレード手法です。

さてさて、株の本などを見ると「損切り」という言葉が良く出てきます。平たくいうと、「それ以上損が膨らむ前に手じまいする」ことです。

が、私の場合この「損切り」がうまくできませんでした。

なぜか、それは「欲、プライド、妙な自信、経験」が損切りの決断に踏み切れなくさせるのです。

そもそも、株を始めたばかりの頃は、本を何冊か読み、ある程度の自信を持って株を購入するため、下がった時には、「いつか上がるでしょ」という思いが強く残ったのです。でも(今ではもうわかるのですが)株はたとえ業績が良かったとしても上がらない時には上がらないのです。

そして、負けて初めて「損切り」の重要性を学びます。

が、今度は「損切り」ばかりを気にするあまり思ったように利益が出なかったりします。さらに、損切りした翌日から急上昇なんて経験したものなら次回損切りするタイミングで躊躇してしまいます。

うねり取りを始めてみると「損切り」に対する考え方がすごく変わります。というか「損切り」という概念がなくなる感覚です。キーワードは、

「ヘッジ」

うねり取りの場合は、株価が反対に動いた場合は、ヘッジを入れながら建玉の操作をします。

通常の「損切り」だと、マイナスの額ばかりに気を取られてどんどん焦ってきます。

その点、うねり取りはヘッジを入れている場合が多いので、ヘッジ分の利益が精神面ですごく楽にしてくれます。

「損している分は手じまって(損切りして)、利益の分を伸ばそう」

と損切りに対する抵抗感がほとんどなくなります。

例えが良いかわかりませんが、もし恋人がいたとして、その恋人に不満があったとしてもほかに出会いがなかったらなかなか縁が切れなかったりします。

もし、別の良い方が現れてその人と良い関係になったら、、、安心して今、不満のある恋人とは別れられますよね(笑)。

そんな感覚に近いです。

結婚(利益確定)まで、あまたの恋(売買、建玉の操作)を繰り返して幸せをつかむ。(途中ヘッジ(二股)を入れながら(笑))

恋愛に例えるとこんな感じでしょうか。

ちょっと脱線しましたが、うねり取りは、基本的にどう動くか予想できない株価に対して保険(ヘッジ)をかけながら技術で挑んでいきます。

運を極力排除して練習した技術でマーケットと戦います。うねり取りが向いてる人は、体育会系出身で練習、努力が実を結ぶ経験をお持ちの方や、囲碁、将棋、チェスといった頭脳プレーが得意な方だと思われます。

人のせいにすることが嫌いで、「努力が好きな人」にはぴったりなトレード手法だと思います。


★★★★★究極の株職人、相場師朗。一流の現役プロトレーダーが魅せる本物の"建玉の操作"。
株式投資の最強手法「うねり取り」で 2017 年からの下げを取る !

⇒ 相場師朗 7step株式投資メソッド(詳しくはこちらから)

「神ってる」株職人になる方法
バイブル ↓

⇒ 株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録