世界一幸せな情熱のトレーダーによる「投資で人生が変わる方法」

日本一役に立たない投資実践ブログ。

ようこそ「暮らしのレシピ屋 Ns Farm 投資部」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/11/6 暮らし

目次。

第一回、うねり取りはじめました。 第二回、初心者がうねり取りをするときの注意点。 第三回、トレーダーは、なぜ損切りできないのか。 第四回、株をいつ買えばよいのか考える必要がなくなった !? 第五回、FX にもうねり取りは通用するのか。 第六回、空売りで稼ぎたかったら買いから入る !? 第七回、ザラ場は見ない方が良い理由。 第八回、建玉の操作の練習が必要な理由。 第九回、分割売買の重要性。 第十回、相場師朗先生の名言集。 第十一回〜 全ての目次へ。

どうもこんにちは、「熱血 ! Nsfarm 情熱投資部」、部長のリッキーです。

今回の日記テーマは、

「分割売買の重要性」

のお話しです。最終的に勝ちに結び付けるためには、「分割売買」の意識が大切です。

うねり取りって何 ? という方は、⇒相場師朗 7step株式投資メソッドからサンプル動画を。

今人気急上昇中のプロトレーダー、相場師朗さんがわかりやすく教えてくれる江戸時代から伝わるトレード手法です。

私が相場先生から学んだことの一つに「分割売買」があります。

初めにエントリーする時だけでなく、空売りの利益を背景に買いを仕掛けて行く時や、反対に買いの利益を背景に次の空売りを狙っていく時に使われる重要な技です。

江戸時代から引き継がれてきた技の一つで米相場のプロたちが使っていた技のようです。

アマチュアとプロとの差は、「一発買いで仕留めようとするか分けて買うか(分割買い)」にあるようです。本物のプロは、分けて買う(分割売買している)と相場先生はおっしゃっています。

イメージは、

"はじめチョロチョロ、中ぱっぱ、やがてドカーン"

と仕込んでいくイメージでしょうか(笑)

「2 → 3 → 5(単位は、百、千、万株と資金に応じで変わります。)」という順番で玉を追加していくのが基本のようですが、状況と資金により微調整すれば良いと思います。

サンプル動画を見れば一目瞭然ですが、例えば、空売りの利益を背景に買い進むとき、まず 2 百株で様子見。下がってしまったら3 百株追加で買い。さらに下げたらもう 5 百株を追加していくという方法です。後から多く玉を入れることで平均買値を限りなく底値にするメリットがあります。

初めは少ない株数でエントリーして様子を見ながら徐々にポジションを変化させていくところがうねり取りが囲碁や将棋に似ているといわれるところです。

初めの 1 手で勝負を決めるのではなく、株価の動きに合わせて徐々に建玉を操作して最終的に勝ちに持っていくのが「うねり取り」の醍醐味です。

さてさて、本日の「4755 楽天」は、また下がっています。ただし、前の安値に並んできました。一つの目安である前回の安値付近に株価が来たので 100 株買ってみようと思います。

これでポジションは、「2 - 2」。一旦どっちに動いても良いポジション。含み益は、買い玉分はマイナスですが、それ以上に空売り分が利益になっている状況です。

うねり取り面白いですね。


★★★★★究極の株職人、相場師朗。一流の現役プロトレーダーが魅せる本物の"建玉の操作"。
株式投資の最強手法「うねり取り」で 2017 年からの下げを取る !

⇒ 相場師朗 7step株式投資メソッド(詳しくはこちらから)

「神ってる」株職人になる方法
バイブル ↓

⇒ 株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録