世界一幸せな情熱のトレーダーによる「投資で人生が変わる方法」

日本一役に立たない投資実践ブログ。

ようこそ「暮らしのレシピ屋 Ns Farm 投資部」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2016/5/26 暮らし

目次。

第一回、うねり取りはじめました。 第二回、初心者がうねり取りをするときの注意点。 第三回、トレーダーは、なぜ損切りできないのか。 第四回、株をいつ買えばよいのか考える必要がなくなった !? 第五回、FX にもうねり取りは通用するのか。 第六回、空売りで稼ぎたかったら買いから入る !? 第七回、ザラ場は見ない方が良い理由。 第八回、建玉の操作の練習が必要な理由。 第九回、分割売買の重要性。 第十回、相場師朗先生の名言集。 第十一回〜 全ての目次へ。

皆さんこんにちは、「熱血 ! Nsfarm 情熱投資部」部長のリッキーです 

"建玉の操作"

について改めて考えてみました。

"うねり取り = 建玉の操作"

と感じるほどうねり取りにとって建玉の操作はキモの技術です。

ふとゴルフの、

"小技(アプローチ)"

に似ているなぁと思いました。

ゴルフと言えば豪快なドライバーショットが注目されますが、実は 100 ヤード以内の"小技"の方が大切だったりします。

プロでさえラウンド前の練習では全体の 70% 程をグリーン周り、ショートアイアン、ウェッジといった"小技"の練習に費やします。

それほど、"小技"が大切なのですね。

ではなぜプロが"アプローチ、"小技"に時間を費やすかというとそれは、

"ゴルフがミスのスポーツ"

であることを痛いほど知っているからです。

毎回毎回思った通りのショットが打てるわけではなくミスショットはゴルフにとって付き物です。

その時、"小技"の技術が高いほど適切な、

"リカバリー"

が出来てミスを最小限に食い止めることが出来ます。

株価も同様に思った通りに動かないもの。建玉のミスは付き物です。

"建玉の操作によってミスを最小限に食い止める技術"

があれば難局を乗り越えることが出来るのだと思います。

"大きく負けない技術"

その先に何かあるような気がします。

バックナンバー

第一回、うねり取りはじめました。 第二回、初心者がうねり取りをするときの注意点。 第三回、トレーダーは、なぜ損切りできないのか。 第四回、株をいつ買えばよいのか考える必要がなくなった !? 第五回、FX にもうねり取りは通用するのか。 第六回、空売りで稼ぎたかったら買いから入る !? 第七回、ザラ場は見ない方が良い理由。 第八回、建玉の操作の練習が必要な理由。 第九回、分割売買の重要性。 第十回、相場師朗先生の名言集。 第十一回〜 全ての目次へ。

「神ってる」株職人になる方法
バイブル ↓

⇒ 株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ