人々の「新しいモノ・コト」への関心に応えるサイト

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

一眼レフ
一眼レフ、シャボン玉の撮影

デジタル一眼レフ (DSLR) の普及により一眼レフカメラがとても身近なものになって来ました。初心者でも驚くほど簡単に素敵な写真が撮れる一眼レフ。

今日はシャボン玉を撮影するときのちょっとした工夫を紹介します。

撮影機材と設定

機材

  • カメラ: Canon(キヤノン) EOS kiss X5

  • レンズ: EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

  • 三脚: なし

主な設定

モードダイヤル

Tv (シャッター優先 AE)

絞り

F5.6

シャッタースピード[s]

1/800

焦点距離

220mm

ISO

100

AF フレーム

中央一点

AF モード

ワンショット AF

ドライブモード

連続撮影

測光モード

評価測光

ピクチャースタイル

スタンダード

ホワイトバランス

オート

内臓ストロボ

非発行

シャッターボタン/ AE ロックボタン

AE ロック/AF ([*] ボタンでオートフォーカス)

ファームウェア

別途、「Magic Lantern」インストール

撮影方法

面白い写真になるポイント

  • 朝日、夕日を利用する。

  • 露出補正をマイナス補正してみる。

朝日、夕日を利用してみましょう。

日中、太陽が真上から照らす状況と違って、朝日や夕日はから光があたります。すると被写体にコントラスト(明暗差)が出て立体感がでる場合があります。また、オート撮影でも予め露出補正を行うことにより、明るめ、暗めといった調整が可能です。今回はシャッタースピードで補正を暗めにすることでシャボン玉の光が強調されたように思います。

初心者でも簡単なステップを踏むことにより、すぐに一眼レフを自在に操ることが出来るようになります。

簡単3ステップのカメラ上達講座でカメラを基礎から学ぶ。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ