世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/11/20 ゴルフ

今回の動画レッスンは、

「正しいラグ(Lag)、コック、タメを使った打ち方」のレッスンです。

世界の動画レッスンを練習に取り入れて最速で 100 切り、90 切りを目指そう !

レッスン動画:Golf Lesson: SECRET To Building REAL Lag Into Your Swing


海外のレッスン動画でよく目にする言葉があります。それは、

"Lag"

です。タイムラグの"ラグ"でその言葉自体の意味は、「遅れ、遅延、遅滞、経過」です。

日本のゴルフ界や別の言葉では、

タメ

とか、

コック

といった表現をします。

私は、数年前に知り合った上級者から、

「コックがないとボールは飛ばないよ」

と言われて、ひたすら右手首を固めてボールを打つ練習を 1 年間繰り返しました。

結果は、ボールとのコンタクトは安定したのですが飛距離はそれほど期待したほど改善されませんでした。

なぜか、、、それは、

認識の勘違い

をしてしまっていたからです。

飛ばすためには、「コック、タメ」が絶対に必要なのは事実。

でも、「コック、タメ」を意識してもうまく飛ばない、、、

私の場合は、とにかく右手首の角度を維持すればコックが成立するものだと勘違いしていました。

その結果、スイングが硬くなり右肩、首筋あたりを少し痛めてしまいました、、、

その勘違いを解消してくれたのが、

桑田泉さんのクォーター理論です。

桑田さんは、

"前倒し、ひっくり返す、手打ち"

といった表現を使って初心者が陥りやすいゴルフスイングの誤解を正しく理解できるように解説されています。

海外では、

"アームローテーション、フォアアームローテーション、フェースターン"

といった言葉が使われているようです。

「ラグ(Lag)、コック、タメ」は、単に手首の角度をキープするだけではなく、正しく動かしてこそ本物の「ラグ(Lag)、コック、タメ」

となるのでした。

"クラブを前に倒そうと意識すると自然に一回後ろに引きます"

金槌で打つときに一度自然に上に上げたり、誰かのほっぺたをピンタする時でも必ず反動をつけるために反対方向に一度手を動かします。

つまり、トップからクラブを前に倒そうとすると人間は無意識に一度クラブを後ろに引こうとします。

この一瞬の動き(反動)が、「ラグ(Lag)、コック、タメ」

で、静止画やスローモーションでは"手首を固めているように見える"ということなのでしょう。

"クラブを前倒してボールをぶっ飛ばす感覚"

めっちゃ良いですよ〜。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ