世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2016/5/25 ゴルフ

皆さんこんにちは。

今回の動画レッスンは、

「3 ウッドを使ったスティンガー(パンチショット)」のレッスンです。

世界の動画レッスンを練習に取り入れて最速で 100 切り、90 切りを目指していきましょう。

レッスン動画:3-Wood Stinger Tee Shot - Playing Lesson Series - Part 3


フェアウェイが狭いコースでは、無理にドライバーを使わず 3W を使ってティーショットを打つことで大けがが少なくなりスコアがアップすることがあります。

また、風が強いラウンドの時は出来るだけ風の影響を受けないことで思わぬトラブルを回避することができます。

そんな時に有効なショットに、

"スティンガー(パンチショット)"

があります。

全盛期のタイガー・ウッズもティーショットで多用した場面を何度も見かけました。

2008/04/13 - Tiger Woods "Stinger"

"スティンガー(パンチショット)"は、「通常のショットよりも弾道が低く落ちてからランが多い」という特徴があります。

ではでは、"スティンガー(パンチショット)"を打つポイントですがそのためにはセットアップなどを調整する必要があります。1 つは、

"1. ボールポジションを中央よりにする"

です。ボールポジションが後ろ寄りになる程ロフトが立ってくるので低い弾道が打ちやすくなります。

もう一つのポイントは、

"2. スリークォータースイングにする"

です。

スリークォータースイングでヘッドスピードを少し抑えます。

ボールポジションが後ろになる程、入射角が鋭角になるため過度にスピン量が増えてボールが吹け上がらないように注意します。

同時にコントロール性がアップします。

最後に、

"3. 打ち出す方向を調整する(アドレスの向きを変える)"

必要があります。

ボールが右足寄りになることでクラブの軌道(クラブパス)は、通常よりインサイドアウトのポジションでインパクトすることになります。

この時、クラブパスに対してフェースが閉じていれば"ドロー"、反対に開いていれば"フェード"軌道になります。

ご自身で変化する弾道に合わせて打ち出す方向を調整します。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ