世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2016/10/9 ゴルフ

皆さんこんにちは。

今回のレッスンは、

「パトリック・リードのスイング解析」のレッスンです。

世界の動画レッスンを練習に取り入れて最速で 100 切り、90 切りを目指そう !

Patrick Reed Swing Analysis | Gain 10 Yards Today

今シーズントップ 10 フィニッシュ 11 回とダスティン・ジョンソンに次ぐ 2 位。

フェデックスランキングでも 3 位につけたパトリック・リード。

シーズンを通じて安定したプレーを見せてくれました。

今回はそんなパトリック・リードのスイングの特徴からゴルフを学んでいきたいと思います(・∀・)b。

Point 1: フルショルダーターン

パトリック・リードのスイングの特徴の1つはバックスイングのフルショルダーターンです。

肩が 90°以上回転しシャフトはパラレルラインを超えています。

フィル・ミケルソン、バッバ・ワトソン、昔で言えばジャック・ニクラウスに似たスタイルのバックスイングです。

Point 2: 腰の 45°ターン

バックスイングの腰のターンは 45°。

これによって肩と腰に強烈な捻転差が生まれています。

肩と腰の動きのズレが「流れるようなスイング」に見えるプロのスイングの特徴ですね。

Point 3: 左足かかとの動き

パトリック・リードは、バックスイングから切り返しにかけて左足かかとが軽く浮きます。

"オールドスタイル"

ともいわれジャック・ニクラウスもそうでした。

浮かしたかかとを踏み込むことでその反動としてグリップ、上半身に上方向に力を加えヘッドスピードを加速するタイミングをとっています。

Point 4: インパクト後の左足の動き

多くのツアープレーヤはインパクト後に左足はその場から動かさず静止していますがパトリック・リードは左足が後ろに動きます。

バッバ・ワトソンも同様の動きをみせます。

彼にとってこの方が腰の動きを抑制せず力強くフィニッシュまで振り抜けるようです。

結論

インパクトで左足が動くということは、パトリック・リードもバッバ・ワトソンもインパクトの体重を右サイドで支えているということになりますね(・∀・)b。

"インパクト右足体重とは露知らず"

特にドライバーはティーアップされているボールを打つため右足体重でクラブを振り抜いた方が良かったりします。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ