世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/5/13 ゴルフ

アイアン、特にショートアイアンの精度がスコアに大きく影響を与えることはゴルファーであれば誰しも知っているでしょう。ショートアイアンはピンを狙うことが多くなるショットです。ティーから打つドライバーやウッドは時として方向よりも飛距離が求められる場合がありますが、グリーン特にピンを狙うショットは確実な方向性と正確なピンまでの距離のコントロールが求められます。

今回は、リッキー・ファウラーが自身のショートアイアンの精度を上げる為に取り組んだことの記事を元に、よりピンが狙え、バーディーが取れるようになるためのショートアイアンのスキルアップ法を見て行きたいと思います。リッキー・ファウラーは、「フルボディーリリース(full-body release)」が大切だと言っています。追って解説したいと思います。

今回の取り組みは、ファウラー特有の問題を解決するものかもしれませんが、多くのゴルファーに当てはまる基礎的な内容だと思うので、ショートアイアンに悩みがある方は試してみるともしかしたら劇的に良くなるかもしれません。

リッキー・ファウラーのショートアイアン

リッキー・ファウラー ショートアイアンテクニック

<出典>:Get More Birdie Looks


ブッチ・ハーモンとのマッチング

ショートアイアンのショットに不満を抱えていたファウラーは、ブッチ・ハーモンとチームを組むことでスイング改善に取り組むことを決意したようです。

ファウラー自身の悩みは、「オーバースイングのトップから腕を使って強くボールを叩いてしまう」癖をなんとかしたいことだったそうです。このスイングの問題点は、タイミングをとるのが極めて難しく、仮にタイミングよく打てたとしても距離のコントロールが不安定だったそうです。また、大きくスライスやフックしてしまう原因は、体のある部分が止まってしまうと他の部分がその埋め合わせに速く動いてしまうことにあるようです。これらのミスを防ぐ為に、ブッチ・ハーモンとともに「フルボディーリリース」(後で詳しく説明します)に取り組んだようです。「フルボディーリリース」を含め以下の 3 つのテクニックが大変役立ったそうです。

テークバックでフェイスのトゥを回転させる

リッキー・ファウラー ショートアイアンテクニック

<出典>:Get More Birdie Looks

以前のファウラーは、テークバックでフェイスをなるべくボールに向けたまま行う方法をとっていたそうです。このテークバックは少し窮屈に感じていたようです。この改善方法は、「クラブのトゥをバックスイングの起点」として、まずクラブのトゥから動き始める動きにしたそうです。ただし、どこまでも回転させて良いわけではなく、目安は「トゥが真上を向くまで」です。前腕または手首を回転するイメージになるのでやりやすい方法で良いと思います。窮屈感がなくなり、流れるようにスムーズにテークバックが行える利点があります。テークバックのきっかけがうまくいかない方は参考にしてみると良い動きだと思います。

効果的なドリル

シャフトが地面と平行になるところで一旦スイングを止めます。シャフトのラインがつま先のラインと平行になっているかチェックします。ここが"オンプレーン"の目印です。

バックスイングで腕が体から離れない"イメージ"

リッキー・ファウラー ショートアイアンテクニック

<出典>:Get More Birdie Looks

以前のファウラーは肩が回りきった後もさらに腕を使ってクラブを動かしていたそうです。腕が体幹から外れ、クラブが地面と平行より先に行っていました。一旦腕が体から離れてしまうと体で制御することが難しくなります。つまり、もう一度腕を使ってダウンスイングをする必要があり、タイミングを取ることがが難しくなってしまうようです。

このオーバースイングを直すイメージとしてファウラーは面白いことを言っています。それは、「バックスイングは傘をさすイメージにする」。つまり、クラブが真っ直ぐ立った状態で止めるイメージです。しかし、実際にはクラブはもう少し先まで進み理想的なポジションに向かいます。感覚的に、「真っ直ぐ立てるイメージがちょうど良い」ということです。

オーバースイングでずっとプレイしていた方は始めすごく気持ち悪いムズムズした感覚になると思います。何度も何度も素振りを繰り返すことで(逆にオーバースイングが気持ち悪く感じるほど)体にしみこませると良いと思います。すべてはバーディーのために !

インパクトは体全体で

リッキー・ファウラー ショートアイアンテクニック

<出典>:Get More Birdie Looks

最後に、今回のポイントの「フルボディリリース」についてです。以前のファウラーのダウンスイングは「右サイドを止め、腕を使って(腕を体から離して)クラブをボールにぶつける」スイングだったそうです。この動きによってボールは高く上がり過ぎ、コントロールを失っていたそうです。

リッキーは、

と解説しています。

まとめ

以前師匠から、「ゴルフスイングはショット毎すべてちゃう」と言われたことがあります。そもそも持つクラブが「ドライバーからウェッジ」までシャフトの長さ、ロフト等が違いそれぞれ役割があります。ライも前上がり、前下がり、左足上がり、左足下がりとコースでは変化し、フェアウェイかラフでも状況が変わり、さらに風が吹くとまた更に状況が変わり打つべきショットが変わってきます。

かといってスイングの「根っこ、ベース、大事な部分」は一つみたいな感覚もあります。一見矛盾しているようですが、理論と実践を繰り返しスイングが良くなったり悪くなったりしながら上達していく過程がゴルフの魅力の一つだと思います。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ NBA から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ