世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/5/7 ゴルフ

大雨の後、または雨の日のゴルフでは芝が濡れ思わぬトラブルを招く恐れがあります。雨で濡れたウェットなライからのショットが多くなる日は、少し考え方を変える必要が出てきます。ウッドやバウンスの広いウェッジであればソールが滑り逆に打ちやすくなったりする場合もありますが、ミドルアイアンなどは、少し手前からクラブが入っただけで簡単に芝がめくれ、ボールとフェースの間にそのめくれた芝が入り飛距離を大きくロスしてしまいます。

今回のレッスンは初心者に役立つ「雨の日のゴルフテクニック」です。先生は、美人女子プロゴルファーのオニールさんです。

How to Get Out of a Wet Lie | Sexiest Shots in Golf

レッスン中に出て来るキーセンテンスを確認しておきます。

「Club up」、これは「番手を一番手上げる」という意味です。「Grip down」は、グリップを短く握ることです。全体としては、「番手を上げて、グリップは短く握ってね !」になります。

「lead leg」は、アドレスした時にターゲットの方(前の方)にある足です。右利きのプレーヤーであれば左足です。「60% of your weight on lead leg」で、「体重の 60% を左足(右利きの場合)に !」 という意味になります。「Keep your weight in the same place」は、直訳すると「同じ場所で体重を保つ」です。つまり、「スイング中体重移動はせず、体重の 60% を左足(右利きの場合)に掛けたままスイングしてちょうだいね !」ということになります。

「scoop」は、「すくい上げる」動作です。「Don’t (しちゃダメ)」がついているので、手首を使ってすくい上げる動作はダメということ。上からしっかり叩くイメージです。「Stay steady」、下半身を安定させる、「Finish low」フィニッシュは低くというフレーズが続きます。

「手首を返さず、下半身を安定させ低く打ち出すイメージよ !」ということですね。ショットのイメージはパンチショット、ノックダウンショットとほとんど一緒です。

まとめ

雨の日のラウンドでライが湿っている時は無理をせず確実にボールを捉える必要があるのですね(・∀・)b。

パンチショット、ノックダウンショットのように、体重を左足にのせ上からボールを捉えます。

フォローは低く出すイメージ。

今回のテクニックは、

の応用です。

結構使用頻度の高いショットなのでしっかりマスターしちゃいましょう(-_★)キラーン!!


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ NBA から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ