世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2017/07/25 ゴルフ

データだけをみると、ジョーダン・スピースは決して飛ばし屋の分類ではありません。パワーを示すトータルディスタンスは 90 位、正確性を示すフェアウェイキープ率は 137 位。(2015/04/08 時点)。

つまり、数字に表れない部分に彼の強さの秘密があるようです。彼がなぜ勝てるのか、同世代のプレーヤーより一歩進んだ成績が残せるのかとても興味があるところです。

「ドライビングは私の長所」、「私は飛ばすことは出来ないが、同時に私がやっているように他のプレイヤーが右左に狙って打っているのを見たことがない。飛距離やフェアウェイをキープすることを考えるよりも、どのアングルからグリーンを狙うかに重点を置いている。」とスピースは言います。

さらに、コーチであるキャメロン・マコーミック(Cameron McCormick)は、「フェアウェイを外すことは、大したミスではない」と言います。「精度の高いショットを打つためにインパクトで出来るだけ左手を打ち出したい方向に向け続け、クラブの軌道を少し変えることでわずかにボールを曲げる」。「ただ、曲げるとしてもすこしだけ」スピースは自分のスイングについてこう話します。「彼のスイングは、形よりも機能を重視した典型的な例」、「それ(機能)がボールをコントロールする、それがとても重要なこと」マコーミックはこう言います。

どちらかというとスピースは反復練習で形(スイング)を追求するよりも、「コースに対してどういうボールが必要なのか」ということが先にあり、自身のスイングを調整しているように感じます。

そして、スピースは、2015 年のマスターズ、全米オープンを連勝する快挙を達成しました。

ジョーダン・スピース スイング動画

祝 ! 2017 年全英オープン勝利。ジュニア時代から使用しているパターの類似モデルは鑑定書付きの高級パター。:「タイトリスト【Titleist】 SCOTTYCAMERON 009 TOUR PROTOTYPE」

Cameron 009 prototype

ジョーダン・スピースのスイング解説

ジョーダン・スピース アドレス

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences


ジョーダン・スピースのクラブセッティング


Point1: アドレスの左手のグリップ

スピースの左手のグリップは他の選手よりターゲット方向に向けているのが特徴的です(ウィークグリップ)。「このグリップはボールを上げやすく、フェードが打ちやすい」、スイングコーチのマコーミックは言います。ジョーダンは「本来はドローが持ち球だけど、フェードの打ち方を覚える必要があった」と言っています。

「飛ばしのドロー、コントロールのフェード」は、昔から言われるゴルフあるあるです。ドローを打つためには、クラブ軌道に対してフェースが閉じている必要が有り、反対にフェードを打つためには、クラブ軌道に対してフェースが開いている必要があります。ゴルフクラブの特徴としてフェースが閉じるとロフトが減り、フェースを開くとロフトが増えます。つまり、大げさに例えるとドローは 3 番アイアン、フェードを、ピッチングウェッジとするとどちらが飛ぶ !? どちらがコントロールしやすい !?ということがわかると思います。

ジョーダン・スピース テークバック

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース テークバック

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

Point2: テークバックは回転を意識。スウェイはダメ。

「テークバックでスウェイするのがスピースの問題だった」、「スウェイをしていたらツアーレベルのパワーを生み出せないし、ボールも上がらない」コーチのマコーミックは言います。スピースは、「スイングの 1/3 は回転(ピボット)を意識している」と言っています。

インパクトで力を入れる為には、トップ右足の上に体重を載せる必要があります。回転を意識することで「体重が右足から外れない」スイングになるのでしょう。

ジョーダン・スピース テークバック

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

Point3: フラットなテークバックと体の積重なり(軸)

マコーミックによると、「うまく回転(ピボット)することによって、ワイドで深い、フラットなバックスイングが出来る。さらに、ダウンスイングで軌道修正の必要はない」そうです。「良い回転のイメージは、体が流れず、お尻の上に肩がしっかりと"積み重なった"状態」とスピースは言います。

スピースは、お尻を回転させつつ、左足に体重を移動することでダウンスイングを始めています。「この動きによって、右サイド(懐)に空間を作り、右腕、クラブを通すスペースを作る」とスピースは言います。「スピースが曲がらないのはこの動きの為」コーチのマコーミックは言います。

ジョーダン・スピース インパクト

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース インパクト

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

Point4: インパクト後のフォローで腕が伸びる。

「ジョーダンは腕の回転をほとんどしない、これが曲がらないもう一つの理由」コーチのマコーミックは言います。「クラブの回転を抑え、インパクトで打ち出したい方向にフェイスを向け続ける意識を持つ」そうです。結果、インパクト後両腕はよく伸びています。

ジョーダン・スピース フォロースルー

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

Point5: フォロースルーは体全体で。

「腕だけに頼ったスイングではパワーと正確性は生まれない、ジョーダンは腕だけではなく体を使って回転している。アマチュアが是非とも真似してほしいポイント」コーチのマコーミックは言います。

体全体でリリースする、「フルボディーリリース」はリッキー・ファウラーの口からも出ています。体全体を意識することによって自然とクラブがコントロールされるのでしょう。

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ジョーダン・スピース フィニッシュ

<出典>:Jordan Spieth swing-sequences

ハンク・ヘイニーによるジョーダン・スピースのスイングの特徴


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ