世界から学ぶ、ゴルフのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 NsFarm ゴルフ部」へ。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/6/29 ゴルフ

現在、「パター改善計画」を目論んでいる一ゴルファーです。ここ 10 年、平均パットが「1.94」ほぼ 2 パットということで爆発力がありません(ここ一番のバーディーを取っていない証拠です、、、(>?<))。

昨年から悩みは「グリップ」です。ゴルフを始めてから早や 16 年経ちましたが、そのうち 14 年ちょいはいわゆる「クロスハンドグリップ」でパターをしていました。2015 年のマスターズ、全米オープンを連覇したジョーダン・スピースもクロスハンドに近いグリップだったと思います。

長年、「クロスハンドグリップ」にしていた理由は簡単で、

「握りやすい」

「ストロークしやすい」

といったことです。自分にとっては右手で距離感が出し易いグリップでした。

ところが昨年から急に「クロスハンドグリップ」だと握りづらく、ノーマルグリップ !?(右手が下)の方が握りやすいという現象が発生しました。年齢によって体の骨格、筋肉に変化があるから !? でしょうか。

ノーマルグリップにしたことでグリップ以外にアドレスが変わりました。よりアプローチに近くなったと思います(スタンスは狭めでややオープン)。距離感はそこそこ出し易かったのですが時よりターゲットを意識しすぎると左にひっかけることがあるいわくつきのアドレスですw。

先日、とあるコンペで上級者さんとご一緒の組になる幸運に恵まれました(^^)。上級ゴルファーさんとのラウンドは本当に色々と参考になります。その時は、パープレーでラウンドされていました(さすがでした。いずれ私も !!)。

午後のスタート前の練習グリーンで、

「その打ち方だとちょっと速いグリーンで距離感が合いづらいかも」

とご指摘を頂きました。パターのグリップに違和感があることを伝えると

「"スーパーストローク"っていうグリップがあるよ、人に依るけど試してみても良いかも」

と「スーパーストローク」というグリップの話題になりました。

家に帰ってネットで調べてみると数種類の太さが選択できる握り易いグリップで既に有名のようです。プロも使用しており、ツアーで優勝の実績もあります(知らなかったー)。中には極太のグリップがあります。

ゴルフショップのパターの試打スペースで太めのグリップを握ったことがありますが、確かにグリップしやすかった記憶があります。私の手は手首から中指の先端まで、約 18.5cm でそこそこ大きい方ではないかと思います。

今使っているパターグリップはタイトリストのスコッティーキャメロンで購入時についていたままのグリップをそのまま使っています。若干細めの印象があります。

「思い切って交換してみようかなぁ~」

とも思いましたが、いきなり極太も少々抵抗があります。ふと

「今のグリップを極太グリップだと思って握るとどうなるのだろう」

という思いが頭をよぎりました。

試しにやってみると初感では「結構いいかも」っていう感じです。グリップと手の平にスペースが出来、どちらかというと指先で握る感覚ですが、必然的に強く握らないので体の無駄な力が抜けてストロークしやすそうな感じです。

まだ、素振りと練習マットでしか試していませんが、次のラウンドでは早速試してみたいと思います(実践で使えないと意味ないですからね)。

実践の結果はまた、レビューしたいと思います。

ジョーダン・スピースもスーパーストローク !


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

・究極の 100 切りレシピ、その秘訣がついに公開 ! ゴルフが一瞬でうまくなる正しい"ゾーン"の考え方など上達へのヒントが満載。

100 切り最速ゴルフ上達プログラム

・日本最大級のゴルフ場予約専門サイト!加盟ゴルフ場数は約 1000 コース!

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ