食から学ぶ、暮らしのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

マインドマップ

こんにちは Ns Farm です。

本日は Ns Farm 流、暮らしに役立つマインドマップの使い方です。 日々の暮らしの中にマインドマップを取り入れることで実行力が格段に上がります。

以前、仕事の出来る方に教えてもらってから積極的に取り入れるようにしています。

マインドマップとはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、

頭の中で起こっていることを目に見えるようにした、思考ツールのこと。

です。

マインドマップ

今日はこのような身近なテーマのマインドマップを作ってみようと思います。

基本的な使い方は、まず頭にあるキーワード、文章を書き出していきます、ブレインダンプと呼ばれています。

すると頭の中に浮かんでいたものが目の前に表現されます。次に、関連したもの同士結び付けていき整理、整頓していきます。

目の前に見えているのでそれを整理、整頓するのは比較的容易にできます。ここがマインドマップの良いところだと思います。

頭だけで考えると混乱してくるし、最初から丁寧に書き出そうと思ってもなかなかうまくはいかないんですよね。

マインドマップであれば自由な発想で次から次へと書き出して後から整理できるのでリズムよく作業ができます。

メモ代わりにポンポン思いついたことを書いて後々の備忘録としても活用できます。

せっかくの便利な思考・発想法も使わなければもったいないです。お仕事で使うツールのように思えますが、日々の暮らしでも活用し暮らしを変えて行きましょう。

こんな時は、マインドマップの出番です。

「頭の中を整理、整頓」です。

それでは冒頭のマインドマップを作ってみて使い方のイメージをさらにつかんでいきましょう。

ここでは MindMeister を使って説明していきます。これは無料で 3 つまでマインドマップを作成できるツールになります。興味のある方は使ってみてください。

マインドマップ

Google Chrome をお使いの方は「Chrome Web Store」で 「MindMeister」を検索してインストールできます。

スマホやタブレットだと

といったアプリもありますので気に入ったツールを使ってみてください。

マインドマップ

インストールが終わったら MindMeister を起動し「新規マップ」→ 「Blank」と進めると新規のマインドマップが作成されます。

マインドマップ

次にメインテーマを決めます。

中心の「新しいマップ」を変更します。

今回は「沖縄旅行に行く」

です。(行きたい、、、)

マインドマップ

次はダンプ作業です。例えば「誰といこう、いつ行こう、行って何しよう」等と浮かんで来たら、 どんどんダンプ(書き出し)して行きます。

どんどん、次から次へとです。

日数は?

旅行会社は?

観光スポットは?

おいしい食べ物は?

ゴルフは?

スキューバーダイビングは?

ショッピングは?

おみやげは?

予算は?

等、頭にあるものを全部出していきます。

マインドマップ

こんな感じです。

エンターキーで項目が追加できるので参考にしてみてください。

次に、関連したものは見易いようにまとめて紐付していきます。

ドラッグ&ドロップ

で関連性のあるものをまとめていきます。

マインドマップ

後はダンプ→整理、整頓→ダンプ→整理、整頓を繰り返していきます。ダンプしながら整理していっても全然 OK です。

マインドマップ

こんな感じに整理・整頓していきます。

やっていくと自分なりの使い方が身についてくると思います。頭の中を整理・整頓できればいいわけですから、あまりルールにとらわれず使ってみると良いと思います。

これならさまざまなことにマインドマップが使えそうです。

例えば、、、

シェアも出来るので複数人で同時にマインドマップを作成することもできます。お友達との共同作業も簡単です。

「食から学ぶ、暮らしのコツ | Ns Farm」では他にも「休日で変わる、暮らしのコツ」で休日の過ごし方をレポートしています。

もし興味がありましたら立ち寄ってみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ NBA から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ