食から学ぶ、暮らしのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

お正月 七草粥
七草粥

歴史

1 月 7 日と言えば「七草粥」。

もともとは中国古来の風習で、日本には平安中期から江戸時代にかけて広く伝わったようです。

今では日本全国で1 月 7 日に「七草粥」を食べる習慣は広まっています。

(※食材、食べ方は地域によって若干異なります。)

七草粥に入れるものは ??

七草粥に入れるのは「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」という 7 種類の野草です。

(※食材、食べ方は地域によって若干異なります。)

「無病息災」を願って

願いの 1 つに「無病息災」があります。古くは、邪気を払い万病を除く占いとして食べられてきました。病気にかからず健康で過ごしたいという思いです。また、お正月のごちそうで少々疲れ気味の胃腸を休める、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もあります。

「五穀豊穣」を願って

その年の恵方に向かい「何叩くか叩く、七草叩く、七草なずな、唐土の鳥が渡らぬ先に・・・」と、お囃子(おはやし)に合わせながら、小気味よくまな板を叩いて調理する地域もあったそうです。

この囃し歌は「鳥追い歌」で、大事な田畑を鳥によっていたずらされないように豊作を願った囃し歌です。つまり、「五穀豊穣」の祈りが込められています。

七草粥のレシピ

材料

6 人分

七草セット

1 パック

小さじ 1

ご飯(かために炊いたモノ)

お茶碗 3 杯

5 カップ

鶏ガラスープの素

大さじ 1

  1. 七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)を用意します。

  2. 葉を 1cm 幅に切ります。(※1)

  3. 根の部分は薄くスライスします。(※2)

  4. ※1、※2 に塩を加え軽くもみ、10 分ほどおきます。(※3)

  5. ※3 を熱湯に入れ、1 分ほど茹でます。

  6. 茹で上がったらザルにあけ、冷水で洗います。(※4)

  7. ご飯を洗って、土鍋に入れます。

  8. 水を加え蓋をして、中火で沸騰させます。

  9. 沸騰したら火を止め、鶏ガラスープの素を加え混ぜます。

  10. 蓋をして、1 時間ほど蒸らします。

  11. 水気を切った ※4 を加え、軽く混ぜます。

  12. 一煮立ちさせたら完成です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

驚異の 2 馬力。アボガドの種やパイナップルの芯まで粉砕し簡単にスムージーが作れるハイパワーミキサー。

クックブック&DVD付き!グリーンスムージーが手軽に♪ ブレンダー ホールフードマシーン ホー...

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ