食から学ぶ、暮らしのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

簡単 温野菜
女性

温野菜で優しい食事を。

温野菜とは。

 野菜を加熱して食べる調理法、または加熱調理された野菜の総称である。(Wikipedia より)

調理する方法を含めて温野菜と定義されるようです。対義語は生野菜です。

野菜を加熱することにより柔らかくなり歯が丈夫でない方やお子様など硬いままだとうまく食べられない方も野菜が食べやすくなります。

また、風味が増すことにより生野菜の持つ渋み・青臭さが苦手な方も食べやすくなります。

温野菜の種類。

加熱調理方法には

があります。

この内、「焼く」「煮る」は総体的な料理として扱われ、「温野菜」としては考えない場合が多いようです。

つまり、「温野菜」と言ったら「茹でる」「炒める」「蒸す」と考えるのが一般的です。

さて、この温野菜。温野菜にすることによるメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

これから見てみたいと思います。

温野菜のデメリット。

初めはデメリットからです。

野菜の中には加熱することによって

 「失われてしまう栄養素」

が出てしまいます。

失われる栄養素は

です。

出来るだけ失う栄養素を防ぐためには加熱時間を極力短くしたりするなどの工夫が必要です。

また失われた分を補うために、

といった水溶性ビタミン、ポリフェノールを多く含んだ食材をバランスよく取り入れ補うと良いでしょう。

温野菜のメリット。

次にメリットですが、以下のものが挙げられます。

油と相性の良い野菜の代表としては「にんじん」が挙げられます。

カロテン等の栄養素は油で炒めると体に吸収されやすくなります。

温野菜で食べやすくなるお野菜たち。

にんじんの他にも

は温野菜にすると取り入れやすくなります。

ジャガイモやタマネギ等の根菜類は温めることで甘みが増し、口当たりが良くなりますし、

葉野菜の中にはブロッコリーのようにもともと茹でないと固くて食べられないものもあります。

ビーマンは生のままでは苦みがありますが、温野菜にすることで苦みが和らぎます。

キノコは香りが立つ為、温野菜にとても適している食材です。

まとめ。

温野菜生活で野菜をどんどん取り入れていきましょう。

すべては未来の体の為に。

食材に感謝していただきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

自宅で簡単温野菜。誰でも手間なく簡単に温野菜が作れます。

LEKUE ルクエ シリコン スチームケース 電子レンジ 調理グッズ送料無料♪LEKUE(ルクエ)選べる3...
広告

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ