人々の「新しいモノ・コト」への関心に応えるサイト

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

冷え性改善 しょうが スムージー
冬のベジスムージー

しょうがを加えた冷え性改善スムージー。

冬は冷え性の方にとって嫌な季節。

少しでも改善出来たらいいなぁ~と思っている方も多いと思います。

冷え性とは。

体の末端、つまり手足に冷えを感じ一度冷えてしまうとなかなか温まりづらい症状です。

冷え性によって

「冷え性による体温低下」→「免疫力低下」→「さまざまな不快症状(肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠等)」

という負の連鎖が起こりとても嫌なものです。

お勤めの方は職場のルールで暖房設定温度が決められていて自分は寒いと感じていても我慢せざるを得ない状況の方もいると思います。

そのような状況が長く続くとストレスになってしまうので少しでも改善したいです。

なぜ特に手足に冷えを感じるのでしょうか。

それは私たちの体のしくみによるものです。

私たち人間の体は気温が変化しても一定の体温に保とうとするしくみになっています。血液の流れる量を体がうまく調節して体温を維持しようとしてくれるのです。

たとえば、夏暑いと汗をかきますがこれは血管を広げてたくさんの血液を流し、皮膚の表面温度を上げて、汗をかくことによって熱を逃がしています。

逆に冬寒いと血管を縮めて血液をあまり流さないようにすることで皮膚表面の温度を低く保ち体内の熱を外に逃がしにくくします。

これは体の中心部に重要な臓器が集まっている為、この重要な部分を一定の温度(通常は 37 度前後)に保とうとしてくれているのですね。

その結果手足はある意味ほっとかれた状態になってしまい血液があまり巡ってこないので冷えを感じてしまうのです。

私たちの体がうまくできているがゆえに起こる症状ですね

そこで今回はしょうがの出番です。

冷え性の改善効果が期待されているしょうが

なんとも”しょうがラー”もいるとかいないとか。

皆様の中にも既に取り入れている方も多いかもしれません。

しょうがには「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」という 3 つの辛味成分があります。

これらの辛味成分は、温かさを感じる「温覚」という神経を刺激してくれます。

特に舌やのどの奥、胃の中の温覚は、刺激を感じる能力が高くショウガを食べると、熱い食べ物を食べているわけではないのに「温かい」と感じてしまいます。

するとどういったことが起こるかというと夏暑いときと同じことがおこります。

つまり、血管を広げてたくさんの血液を流そうとするのです。すると手足の血行が良くなり冷えを改善してくれるということです。

唐辛子などの辛い物を食べたときに汗をかくのも全く同じしくみです。おもしろいですね。

今回ご紹介するベジスムージーはビタミンが豊富な果物も一緒にとりいれられるのでさらに良いでしょう。

私たちの体はビタミンによって食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作ります。

さらに効果を上げるために

を取り入れると良いでしょう。

-材料-

材料

2 人分

りんご

1/2 個

みかん

2 個

はちみつ

大さじ 1

ほうれんそう

1 束

しょうが

1 片

1/2 カップ

リンゴ
オレンジ
グリーンスムージー

まとめ。

すべては未来の体の為に。

食材に感謝していただきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

驚異の 2 馬力。アボガドの種やパイナップルの芯まで粉砕し簡単にスムージーが作れるハイパワーミキサー。

クックブック&DVD付き!グリーンスムージーが手軽に♪ ブレンダー ホールフードマシーン ホー...

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ