食から学ぶ、暮らしのコツ

ようこそ「暮らしのレシピ屋 | Ns Farm」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2017/2/18 暮らし

皆さん、こんにちは。

今日は、「カ・ラ・ダ ファクトリー」のキャンペーン情報が入って来たので調べてみました(*'▽')

カ・ラ・ダ ファクトリーとは!?

 動画:佐々木希の骨格が丸見え!?「カラダファクトリー」新CM30秒ver.

 店舗検索

店舗検索は、⇒こちらから行えます。

 キャンペーン期間は!?

2017年2月1日(水)〜2月28日(火)までです。

 価格は!?

全身整体コースの60分が8,424 円(税込み)"3,980 円(税込み)"半額以下!!

 予約・空き状況の確認

予約・空き状況の確認は、⇒こちらの店舗検索から行えます。

 お悩みに合ったおすすめコース

首・肩・腰のつらさ

ぽっこりお腹、垂れたお尻

O脚 X脚 XO脚

だるさ全身の疲れ

頭重感・目の疲れ

足の疲れ

冷え

肌あれ、便秘

顔のむくみ

骨盤、姿勢のゆがみ

産後の骨盤開き

眠りが浅い

ストレス

こんなお悩みを解決するコースが用意されています。

 お客様の声

カラダファクトリーお客様の声1

カラダファクトリーお客様の声1

カラダファクトリーお客様の声2

カラダファクトリーお客様の声1

カラダファクトリーお客様の声3

カラダファクトリーお客様の声1

 整体・骨盤の豆知識

カ・ラ・ダ ファクトリー」公式サイトより。

 肩こりが頭痛につながる理由

 肩や首の筋肉の多くは頭の筋肉とつながっているため、肩こりや首のこりは頭痛に影響しやすいと言われています。特に首すじのこり、違和感がそのまま頭痛へと発展するケースが多く、頭に近い部分のこりほど注意が必要です。

このような頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれており、首すじや肩のこりによってその周辺の血流が低下することで、頭痛が発生すると考えられています。

頭を締め付けられるような症状が出ることが多いものの、人によっては偏頭痛特有のズキンズキンと脈を打つような痛みが出たり、長い時間頭痛が続いたりする場合もあります。お酒の飲みすぎや寝不足など、一過性の頭痛とは違うタイプで、慢性的な緊張型頭痛に悩まされている方も多いのが特徴です。

 肩こりが原因の頭痛を避けるための予防策

 肩こりが原因の頭痛を予防するには、頭痛の元凶となっている肩こりを予防することが大切です。以下のような方法を試してみましょう。

・首のツボを押す

首には肩こりに効くツボがいくつかあり、マッサージをしながらツボを押すことで肩こりの辛さが楽になるケースがあります。数あるツボの中でも「天柱(てんちゅう)」や「風池(ふうち)」と呼ばれるツボは、古くから肩こり改善に効果が高いと言われており、肩こりはもちろん、頭痛や疲労回復などの効果も期待できます。

後頭部の髪の生え際付近にある太い首すじの外側が天柱、天柱からさらに指一本分ほど斜め上に移動させたくぼみが風池です。両手の親指でゆっくりと押してみましょう。

・姿勢を正す

肩こりに伴う頭痛は、長時間机に座って仕事をするデスクワーク作業の方に多いので、姿勢から見直して根本的な対策をすることが有効です。椅子の高さやディスプレイの位置などを見直し、正しい姿勢を維持できるように、クッションなどを使うと良いでしょう。

また、正しい姿勢を維持していても、長時間同じ姿勢で作業をすると、肩や首に疲労がたまりやすくなります。定期的に姿勢を変えたり、カラダを動かしたりしてリフレッシュすることが大切です。

・十分な睡眠と正しい食生活を心掛ける

睡眠不足やストレスなども、肩こりが悪化する要因のひとつです。また油っぽい食事が多かったり、偏った食生活をしたりしていては栄養バランスが乱れ、血行が悪くなる原因にもなります。血行が悪くなると肩こりになりやすくなるので、睡眠を十分に取りビタミンやたんぱく質をしっかり摂取できる食事を心掛けましょう。

・ストレッチを行う

首のこりを改善するためのストレッチを行うことで、筋肉をほぐし血行が促進され、肩こりや頭痛予防が期待できます。

 デスクワークでストレスが溜まりやすい理由って?

 「調べ物をしたり、資料を作ったりしていたら、いつの間にか時間が経ってしまった」なんて経験はありませんか? 特に、パソコンを使って仕事をしていると、長時間同じ姿勢になりがちなので、全身の血流が悪くなり乳酸が溜まって疲れやすくなります。

ずっと同じ部屋にいると空気も悪くなり、人と話す機会も減るので、怒りっぽくなったりイライラしたりすることも。また、カラダを動かさないで細かい字を長時間見続けているため、肩こりや腰痛が悪化するだけでなく、頭痛や眼精疲労、不眠症になる方もいるようです。症状がひどくなると、糖尿病や脳梗塞など危険な病気に発展する可能性もあるので、デスクワークによるストレスを放置せず、きちんと解消するようにしましょう。

 デスクワーク中のストレス解消法

 では、デスクワーク中にストレスを解消する方法には、どんなものがあるのでしょうか?その場でできる簡単な方法としては、深呼吸や複式呼吸などの「呼吸法」があります。ほかにも、肩回しなどの簡単なストレッチやハンドマッサージ、お茶を飲む、おやつを食べて気分転換するなど……。

特に、パソコンを使った仕事は、ブルーライトの影響で目が疲れやすく、不眠症になったりストレスを感じやすくなるようです。そのため、大切なのは目の疲れがひどくなる前に目を休めたり、手足を動かしたりして血流を良くすること。眼精疲労や肩こりを予防するためにも、30分または1時間に1回は休むようにしましょう。

デスクワークの合間にも、自分に合った解消法を見つけて、少しずつストレスを発散することが大事です。ほかにも、デスクワーク中のストレス解消法は、以下のようにさまざまなものがあります。いろいろ試してみましょう。

・温かいおしぼりなどで目や首を温めて血流を良くする

・足首を動かして全身の血流を良くする

・お気に入りのドリンクやおやつでティータイムを挟む

・近くの人と気分転換におしゃべりをする

・休憩時間に、好きな音楽を聞いたり動画を見たりする

 ストレス解消は呼吸法から

 上述したストレス解消法の中でも、呼吸を意識するやり方はストレスを取り除くだけでなく、カラダの凝りなどもほぐしてくれるので非常に有効です。

呼吸には「やる気モード」と「リラックスモード」の2つの種類があります。

「やる気モード」の呼吸とは、口を使って胸式呼吸を行う呼吸のことを指します。胸式呼吸はスポーツなどで行う呼吸で一度に大量の空気を取り込むことができますが、肩や背中に力が入り、筋肉が緊張した状態になります。ずっと緊張した状態ですと血流が悪くなり、カラダの不調へとつながってしまいます。多くの日本人は「リラックスモード」が苦手で「やる気モード」の呼吸を多く行っているため、疲れてしまっている状態になるのです。

「リラックスモード」の呼吸は腹式呼吸のことを指します。横隔膜が上下に大きく動かして呼吸することで、お腹にスペースができて多くの酸素を自然に取り入れることができ、また横隔膜の下にある内臓がもみほぐされることで血流や代謝がよくなる効果が期待できます。

「やる気モード」の呼吸に適度に「リラックスモード」の呼吸を取り入れることで心身をリラックスさせ、健康なカラダにしてくれます。忙しいデスクワーク中は「やる気モード」の呼吸のみをしがちな状態になるので、カラダがガチガチに固まり、ドッと疲れを感じることも多いでしょう。そんな際は「リラックスモード」の呼吸を取り入れて、カラダを休めてください。

 実際に呼吸法を取り入れましょう

 では実際にどのように呼吸をすれば良いのかをご紹介します。

1. まっすぐ立って鼻から息をゆっくり吐きましょう。

2. 次に鼻で息を吸いながら両手をゆっくり上げて、頭の上で手のひらを合わせます。

3. 鼻から息をゆっくり吐きながら、ゆっくり両手を胸の前まで下ろします。

4. 息をそのまま吐き続けながら、カラダをゆっくり30度倒してお辞儀をします。

5. さらに深くカラダを倒して息をすべて吐ききります。このとき、太ももなど足の後ろ側がしっかりと伸びた状態になるようにします。

6. 最後に鼻で息を吸いながら、ゆっくりカラダを起こします。

血流が悪くなると、ストレスを感じやすくなるだけでなく、さまざまな不調や病気の原因にもなりかねません。仕事の合間にストレッチや呼吸法を上手に取り入れて、ストレスを減らしながら気分よく快適に仕事をするようにしましょう。

 立ち仕事によるむくみにはさまざまな原因があった!

 立ち仕事をしていると、なぜ足がむくむのでしょうか。簡単に言えば、ずっと立っていると血液が足に溜まってくるためです。

ただ、むくみが生じる直接の原因は血液ではなく、余計な水分が溜まってしまうことにあります。そもそも血液は、動脈を通じて水分や酸素、栄養素を細胞へと運び、細胞内で不要になった水分や老廃物は、静脈を通じて心臓へ戻ってきます。

このとき、静脈において細胞から血管に戻れなかった水分はリンパ液となって、リンパ管を通じて血流に戻ってきます。ところが、長時間の立ち仕事などによって血液が足に溜まっていると静脈の血管内の圧力が高くなり、水がしみ出した状態となって溜まる……というのが、足がむくんでしまう原因です。

また、血液の循環は「筋ポンプ作用」と呼ばれる、筋肉の収縮によっても行われます。このため、運動不足で足の筋肉が衰えていることも、血液がスムーズに心臓へ巡っていかない要因のひとつとなります。さらに冷え性、ストレス、更年期障害などもむくみを助長してしまうことがあります。

 そのほかにもあるむくみの原因

 カラダの中の水分がむくみに関係するとすれば、水分を摂ることは良くないのでしょうか? 確かに、水分を大量に飲みすぎることは、むくみの原因になる場合があります。しかし逆に、カラダが水不足に陥ると、脱水状態を改善しようとして、細胞内にある水分が染み出してくるため、足がむくむ原因になりやすいと言えます。

水分は適度な量を、こまめに少しずつ飲むようにするのが良いでしょう。一方、塩分の摂り過ぎ、アルコールの飲みすぎもむくみを呼ぶことになるため、十分注意してください。

もうひとつ意外なのは、無理な食事制限ダイエットも、むくみの原因になることがあるという点です。過度なダイエットをすると、摂取栄養が不足した状況となり、低タンパク血症を起こす危険性があります。これは簡単に言えば、血液中のタンパク質の量が低下する状態のことです。

そして症状として、足やお腹のむくみが生じることがあります。低タンパク血症に陥るのは極端なケースであるとは言え、むくみを取ろうと思って食事を抜くなどのダイエットをすると、かえって足などがむくみ、さらにカラダが危険な状態になることもあります。十分に気をつけてください。

 立ち仕事によるむくみのチェック方法

 本人は、別に足はむくんでいないと思っていても、実はむくんでいる……ということもあります。たとえば、夕方になると靴がキツイと感じる、仕事後に帰宅してから靴下を脱ぐと靴下の跡がなかなか消えない、といったときは、足がむくんでいる可能性があります。

ほかにも、すねの内側、足の内側などを指で5秒以上押してみて、しばらく指の跡が残っているなら、むくみが起きている可能性が高いと言えます。ちょっと気になるという人は、仕事が終わった後にでも、指で押して試してみましょう。

 産後の骨盤ダイエットがおすすめな理由

 骨盤ダイエットとは、骨盤矯正を行うことでボディラインを整え、基礎代謝を上げて太りにくく痩せやすい体質を作ることです。

では、なぜ産後にこの骨盤ダイエットが有効なのでしょうか。骨盤は、出産時に最も大きく開き、産後は数カ月かけて自然に閉じていきます。問題は、その閉じていく過程で、骨盤に歪みが生じるケースが、少なからずあることです。歪みがひどくなれば、妊娠や出産で崩れた体型を元に戻すのも難しくなり、そのまま太りやすい体質になってしまう恐れがあります。また、産後はホルモンや靭帯の関係で、骨盤がゆるんでいる状態に置かれています。そのため、実は骨盤を矯正するには最も適したタイミングだとも言えます。

産後の骨盤ダイエットは、元の体型を取り戻すことだけが目的ではありません。むしろ、以前よりもきれいなボディラインを手に入れ、太りづらい体質になるというチャンスでもあるのです。産後こそ、骨盤ダイエットにチャレンジすべきタイミングだということです。

 産後に骨盤ダイエットをする際に意識すべきこと

 産後の骨盤ダイエットはどの時期に行うのが良いのか、気になる方も多いと思います。答えは、どの期間でも効果的です。特におすすめの時期は骨盤が緩くなっている出産後2~6カ月の間ですが、それ以降でも子育ての影響によって骨盤が歪むことが多いので、骨盤ダイエットはどの期間でも効果的だと言えるのです。

また、骨盤ダイエットを実践にする際は、食後すぐには行わないこと、呼吸は止めずに鼻呼吸をすること、リラックスすることを心掛けましょう。

自分自身で骨盤の存在、位置、向きなどを意識することも大切です。筋肉を鍛えるときに、負荷をかけている筋肉の存在を意識することが大事なように、骨盤を正しい場所に収めるという意識を持つことで、効果的な矯正を行うことができます。

産後のカラダをもう一度引き締めるために、そして以前よりもきれいなボディラインを手に入れるためにも、出産後は本格的な骨盤ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

⇒ 注目アイテムが盛り沢山 ! プロダクツブログトップへ。


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ