世界から学ぶ、テニスのコツ。

ようこそ、「暮らしのレシピ屋 NsFarm テニス部」へ

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2017/8/15 テニス

皆さんこんにちは。今日はヘッドのラケット、

"Head Graphene Touch Speed MP(ヘッド グラフィン タッチ スピード ミッドプラス)"

情報で~す。

Head Graphene Touch Speed MP(ヘッド グラフィン タッチ スピード ミッドプラス)

 動画:Head Graphene Touch Speed MP Tennis Racket Review

動画では、「65 ポンド、55 ポンド、45 ポンド」と 3 種類のガットのテンションが違う"Head Graphene Touch Speed MP(ヘッド グラフィン タッチ スピード ミッドプラス)"を使って打ち比べています。

テニスの場合、ガットのテンション(張りの強さ)は、"ポンド(lbs)"という単位を使用するのですね。

一般的には、50 ポンドを基準にして、

50 ポンドよりも数字が大きい ⇒ テンションが高い、張りが強い、硬い

50 ポンドよりも数字が小さい ⇒ テンションが低い、張りが弱い、柔らかい

とされているようです。

今回の動画を参考にした場合、"Head Graphene Touch Speed MP(ヘッド グラフィン タッチ スピード ミッドプラス)"は、55 ポンドを基準にして下は 45 ポンド。上は 65 ポンドまでを目安に調整すると良さそうですね。

柔らかすぎるとコントロール性が失われ硬すぎるとひじや手首の怪我のリスクが高くなるそうです。

プレースタイルやフィジカルの強さによって最適なテンションに調節してみましょう!

Head Graphene Touch Speed MP(ヘッド グラフィン タッチ スピード ミッドプラス)

 Head Graphene Touch Speed MP ラケットの最新価格


関連するページ

⇒ 続きは、テニスの目次ページへ。


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

食から学ぶ、暮らしのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ