世界から学ぶ、ゴルフのコツ

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2018/5/24 ゴルフ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

韓国の女性レッスンプロのエイミープロによる体に負担が少なくかつ効率的なスイング作りのための動画レッスンの解説です。

エイミープロ プロフィール

エイミープロ プロフィール

※参照、golfwithaimee.com

3 姉妹の末っ子。幼い頃からスポーツ万能でさまざまなスポーツを体験しながら成長。アウトドア好きでスーパーアクティブ。6 才でゴルフに出遭う。ジュニア時代からプロになるまで世界中の競技を転戦し、2004 年にプロ転向。その後、長引く足の故障によりティーチングの道へ進むことを決意。レッスンでは自らの故障経験をもとにジュニアからシニアまで体に負荷の少ない効率的なスイング作りのレッスンが受けられると好評。今では韓国ゴルフ界のスター的存在に。近年ユーチューブによるレッスンを開始。

今回のレッスンは、

「アプローチでダフリを防ぐコツ」のレッスンです。

エイミープロと一緒に怪我を予防し安定してボールを飛ばすスイング作りにチャレンジしてみましょう。

 レッスン動画:Stop Chipping Fat | Golf with Aimee

 レッスンの内容

まず初めにダフリの原因について。エイミープロは、ダフリの原因として「間違ったウェイトシフトと過度に力が入ったグリップ」を挙げています。

このような原因を防ぐためのファーストステップとしてエイミープロは体重配分について述べています。エイミー流は、「体重の 60% を左足に乗せ、バックスイング中もその体重配分を維持する」がポイントだと言っています。

フルスイングでは一度体重が右足に乗りダウンスイングで徐々に左足に体重が移動することでボールにパワーが伝わりますがアプローチでは必要ないのですね。

もし、「ウェイトシフトが多いかな」と思う方のためにウェイトシフトを抑えるドリルとしてエイミープロは音が鳴るゴムボールを使用したドリルを紹介してくれています。右足のかかとの下にボールをセットし右足に体重が乗らないように確認しています。右足に体重が乗るとボールが鳴るので確認出来ます。面白いですね。

次にチェックするのがグリッププレッシャー。アプローチでダフりやすい方は、"グリップを強く握りすぎている"傾向があるようです。とにかくソフトにソフトに目安は、20%だとエイミープロは言っています。

グリップを柔らかくしクラブのソールがなめらかに芝の上を滑るようなイメージで打ってみましょう。

ボールを生卵とイメージすると自然とグリップが柔らかくなるそうですよ。裏技ですね~。

 まとめ

ゴルフのスコアアップに避けては通れないアプローチのスキルアップ。

アプローチでダフりやすい方は、①体重配分と②グリッププレッシャーをチェックしてクラブのソールで芝をブラッシングするイメージで練習してみてくださいね。きっとダフる確率が減ってくると思いますよ。


関連記事


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

暮らしのレシピ屋 | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ